作業服は青が多い!青い作業服を着用するメリット

作業服14

作業服のカラーバリエーションは豊富になってきています。

その豊富なカラーバリエーションの中でも、青い作業服が選ばれている傾向が強いです。自分の好きな色が青だからという理由で選んでいる人もいますが、そういった理由で青い作業服を選んでいない人もいます。

そこで今回は青い作業服を選ぶことで得られるメリットについて紹介していきます。

汚れが目立ちにくい

作業服を着て仕事を行うような職業では、作業服に汚れが付着しやすいという問題があります。これは水や油、鉄くずといったものを扱うシーンが多いことが原因として考えられます。このように汚れが付着しやすい職業では、汚れが目立つことを避けたい人が多い傾向にあります。

青い作業服は汚れを目立ちにくくするという特徴があるため、汚れが付着しやすい職業との相性が良いと言えます。例えば青い作業服ではなく、白い作業服を着ている場合には、付着した汚れが目立ってしまいます。特に油や鉄くずによる汚れは洗濯しても落ちないケースもあるため、頻繁に作業服を買い替えなければならないこともあるでしょう。

しかし、青い作業服であれば汚れが目立ちにくいので、多少汚れが落ちていなくても汚い作業服を着ている印象が薄くなります。周囲から汚れている印象を持たれにくいことで、頻繁に作業服を買い替えなければならないという状況にも陥りにくいでしょう。

色合いで言えば、鮮やかな青よりも紺に近い青を選ぶ方が、より汚れを目立たせないで済みます。デニム生地を採用するのも効果的です。デニム生地は青の作業服との相性が良く、汚れを目立たせないという効果をアップさせることが可能でしょう。

作業服に汚れが目立ちにくい色を選んでいるのに、インナーに白系のものを選んでしまっては結果的に付着した汚れが目立ってしまうので、インナーも暗めの色合いを選ぶのが重要になります。具体的には青や紺、黒といったインナーがオススメです。

青の持つ効果で気持ちを落ち着かせる

作業服を着て仕事を行うような現場では機械や工具を扱うケースが多いです。状況によっては電気を扱うこともあるでしょう。そのような仕事で重要なのは冷静な判断力です。興奮状態になることやパニック状態になることは避けるべきでしょう。

そのような現場で役立つのが青という色が持つ効果です。青には人を落ち着かせる効果があります。暖色系のものよりも体感的な温度が下がりやすく、リラックスした状態を保ちやすいというメリットが得られます。青い作業服を着ていると、自分を落ち着かせることができます。

自分だけでなく、周囲の人への影響もあるため、会社のユニフォームとして青い作業服が採用されることもあるでしょう。自分や周囲の人が落ち着いた状態で作業を進められるようになれば、作業中の怪我のリスクも減少させられる可能性が高いです。

心理的な影響なので効果には個人差がありますが、集団で同じ作業服を着れば高い効果が得られるかもしれません。気持ちが落ち着いた状態で仕事に関するコミュニケーションを取れば、揉めることも少なくなる可能性が高いです。

お互いが冷静な状態で会話を進めるため、良いアイデアが出てくることを期待できるでしょう。

集中力を高めることもできる

作業服28

青色には心理的な影響力として心を落ち着かせるだけでなく、集中力を高める効果も期待できます。周囲に青色のものが多いと、集中力が高まりやすく、作業効率もアップしやすい傾向にあります。これはリラックス効果により落ち着いた行動が増えることで、作業に没頭しやすいことが原因です。

集中力が高くなれば、体感的な部分で時間経過も遅くなるため、何時間も作業を続けていてもパフォーマンスが落ちにくいという効果も得られます。作業員が長時間の労働でもパフォーマンスを落とさないことで、作業効率が上がるだけでなく、製品の完成度も落ちる可能性が低くなります。

このことを考えれば、会社全体で青い作業服を着ていることで作業に専念しやすい空間が作り上げやすくなるでしょう。集中力が高くなれば、細かい部分の作業でもミスが少なくなります。

そのため精密機器を扱う仕事には青い作業服が適していると言えます。長時間の労働が多い単純作業を行うバイトでも、この青い作業服の効果が役立つ可能性があります。

企業のイメージアップを狙う

青い作業服は派手な作業服よりも誠実な印象を与えやすいと言えます。派手な作業服は目立ちやすく、良くない行動を取ってしまえば目に付きやすいです。しかし、青い作業服であれば小さいミスには気付かれにくく、周囲からの印象が下がりにくい傾向にあります。

この特徴を活かして、企業はイメージアップを図るのも良いでしょう。企業のチームカラーやユニフォームに青を採用することで、誠実な印象を持ってもらえるようにするのです。そうすることによって、屋外での作業でも良い印象を持たれやすく、企業イメージが良くなる可能性が高いでしょう。

特に住宅街から近い場所で労働している企業は、近隣住民からの印象が重要になるため、良い印象の与えやすい青い作業服を着用しておくのがオススメです。そうすることによって、近隣住民からのクレームは少なくなるかもしれません。

また青い作業服はロゴやマークが目立ちやすいため、企業のロゴやマークを覚えてもらいやすいというメリットもあります。この特性を活かして、企業のロゴやマークを入れる位置を工夫しておきましょう。人の目に付きやすい場所にロゴやマークがあれば、企業のアピールにもなります。

ボディーラインを綺麗に見せてくれる

作業服23

作業服を着て仕事をしている人の中にも、格好良く見られたい人がいるでしょう。そのような人にも青い作業服はオススメです。暖色系の作業服を着ている場合は、ボディーラインが膨張して見えやすく、仕事のできる人として見られにくい傾向にあります。

それなら寒色であれば何でも良いのかという話になりますが、そういうわけではありません。寒色の中でも青い作業服がボディーラインを綺麗に見せてくれる効果が高いのです。暗い色合いでも黒に近い寒色はボディーラインを、くっきりと見せてしまうことがあります。

ボディーラインに自信のない人が、黒に近いものを選ぶと、自分の作業服を着た姿にテンションが下がるかもしれません。そのような事態を避けるためにも青い作業服がベストな色合いだと言えます。また筋肉質な人が青い作業服を着ると、一段と引き締まって見えるため、カッコイイ作業員という評価を得られる可能性が高いです。